「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 3rd

松下政経塾・塾長付 前岐阜県関市長(3期)&スタアラ世界一周

12月5日のブログ「岐阜済美学院の片桐・理事長にご挨拶、読みかけの本を読み進め、世界一周の振り返り(ホテル)」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

霜は降りていませんでしたが、それでもやはり寒かったですね。

 

洗濯機をまわして、洗濯物を干し、久しぶりにスーツ・ネクタイを着て、午前9時半過ぎに自宅発。

 

午前10時から、中部学院大学の関キャンパスにて、岐阜済美学院の片桐武司・理事長と面談。

 

10月1日から客員教授として委嘱をいただいており、2か月間の世界一周の報告を兼ねてご挨拶に。

 

入国書類やホテルのチェックインの際、「職業」を書き込む欄があったりするのですが、本来は「Unemployed」(無職)と書くところ、「Visiting Professor」と書けるのはありがたかったです。

 

また、今月下旬に大学の講義の中で、今回の世界一周について90分間お話しすることになっています。

 

理事長との面談の後、市役所部長OBのIさんとHさんと打ち合わせ。

 

講義のタイトルを決めなければいけなかったので、

 

 「51歳・ほぼ無職・世界一周一人旅」

 

に決めました(笑)。

 

質疑応答の時間を除くと、実質的に1時間程度だと思いますので、切り口を考えなければいけないですね。

 

訪問した22か国を順に話していったら、脈絡のない話になるでしょうし、時間内に収まりません。

 

中部学院大学を出て、マーゴの中のオンデーズへ。

 

出国直前に、メガネのレンズが行方不明となり、慌てて即日渡しのオンデーズへ・・・しかし、遠近両用は即日渡しではなく、最速で出国から2日後。

 

結局、2か月間を過ぎてから、本日、やっと引き取りに行けました。

 

ちなみに、メガネのレンズは、出国前に発見できたので、世界一周はもとのメガネと一緒に。

 

マーゴを出て、郵便局に立ち寄り、銀行ATMに立ち寄り、コンビニATMに立ち寄り・・・細々した所用を処理。

 

自宅に戻り、昼食をとってから、昨日に続いて読みかけの本を読み進め。

 

 

 

しかし、アウシュヴィッツ関連の本を読んでいると、暗澹たる気持ちになります。

 

昨日に続いて、徒然の世界一周の振り返り・・・今日はホテル。

 

世界一周の準備の順番としては、私の場合、まずは世界一周航空券を決めて、そこから各国のホテルをすべて予約。

 

スターアライアンスの航空券は一度予約するとルート・日程は変更は可能ですが、当初の一括してのネット予約と比べると手間暇と費用がかかります。

 

今回、イスラエルでの戦争を受けて、イスラエルからアラブ首長国連邦に行き先を変更しました、変更は電話でしか受け付けてもらえないので、妻にお願いしてやってもらいました。

 

国際電話を使って、自分で変更することもやれないことはないでしょうが、出発前ならともかく海外滞在中に自分で対応するのは結構大変ですね。

 

その意味では、出発前の飛行機ルートは、後から変更しなくても良いように、しっかりと下調べをして、各国での行動を詰めていくのが正解です・・・私の場合、すべてエイヤッと決めてしまいましたので。

 

ホテルについては、とにかく「キャンセル無料」のところを予約。

 

いろいろなホテル予約サイトがありますが、とにかく訪問国が多かったため、私はBookin.com経由ですべて予約しました。

 

ホテル料金の比較サイト・アプリもあるので、同じホテルでも少しでも安く宿泊しようと思えば、これらを使ってそれぞれ最安値のサイト経由で予約すれば多少は安くなるはずですが、それぞれの国のホテルを別々に取っていたら自分でも混乱してしまうので、それは避けました。

 

結果的に、出国前に予約したホテルに泊まった国もありましたが、途中で何度か変更したホテルの方が多く、いつも同じサイトを確認すれば、自分自身でも整理ができたので、それは良かった、と思います。

 

たまたまだったのですが、日本を出て初めて訪問したメキシコがラブホテル(苦笑)、次のパナマも窓もない古い部屋だったので、早速、コロンビアのホテルを変更しました。

 


↑ 日本を出て初めて訪れたメキシコのホテルがラブホテル(苦笑)・・・ワタクシ、フロントに到着してみて、我ながらたまげました(笑)

 

料金や口コミの他、「中心地からの距離」を基準のひとつとして、ホテルを選んだのですが、これが上手くはまった国もあれば、思ったより距離があった国もありました・・・が、これも本来は事前にもう少し調べて、各国・各都市の公共交通や史跡等の場所を確認した上で予約した方がいいですね、反省を込めて。

 

昨日も書いた通り、飛行機はビジネスクラスを選択したので、ホテルにはそれほどお金をかけない(かけられない)つもりでした。

 

・・・が、料金だけで選ぶと、予約サイトの評価が高くても、(えぇっ!)と思うようなホテルにあたる可能性もあり、途中からはホテル代の許容範囲を少し広げました(笑)。

 

2か月間、海外でホテル生活をしていると、泊まるホテルの部屋によって、テンションがまったく違ってくるんですよね。

 

また、安く泊まろうとするならば、ドミトリーのような大部屋も選択肢としてあります。

 

私が学生ならドミトリーにも泊まったと思いますが、50歳を超えた人間が若い人が中心の大部屋に泊まるのも・・・と考えて、最初からドミトリーは除外しました。

 

学生時代、アジアを中心にいくつかの国を旅行したときには、事前にホテルを予約したことは一度もなく、どの国でも到着した日に、夜に泊まるホテルを探して決めていました。

 

当時を思い出すと、今はどの国のどの街のホテルでも、日本から検索ができて、予約ができて、ホテルとメッセージのやり取りができて、直前にキャンセルもできて・・・ホントに便利になりました。